仕事探しのポイント

仕事を探す時、働きたいと思う職種や職場が見つからなかったり、気になる求人に応募しようか迷う人は多くいます。ここではスムーズに仕事を探すためのポイントについて解説します。仕事探しに是非役立ててください。

自己分析と企業分析をしっかりする

仕事探しを上手く行うには、興味がある職種の求人情報をチェックするだけでなく、普段から自己分析と企業分析をしっかりと行って、就職をしてから自信を持って働けるかどうか検討することが重要となります。特に…

希望条件を細かく挙げる

仕事探しをする時に、なかなか働きたい場所が見つからずに困っているという方もいるのではないでしょうか。そんな時は、自分の中で譲れない希望条件を細かく挙げて、それに合った場所を探すことが大切になります…

働いた時のイメージトレーニングをする

仕事探しをしていく中で、自分に合った仕事なのかどうか判断できずに困っているという方もいるかもしれません。そういう場合は、実際に自分が働いた時のイメージトレーニングをすることで、仕事選びがしやすくな…

仕事探しの注意点

働きたい職種や職場が見つかっても、実際に働き始めるとイメージと違ったということは少なくありません。合わない仕事に耐え続けると心身ともに消耗しやすく、すぐに辞めてしまえば職歴に傷がつきます。後悔しないためにも、仕事探しの注意点について踏まえておきましょう。ここで詳しく解説していきます。

嘘の求人情報が出ていることがある

求人情報の探し方は、主に3つです。公共の求人情報の探し方としては、ハローワークがあります。雇用保険の給付を受けたいときには、必ず登録が必要です。地元の中小企業の求人に強く、希望の企業への面接の予約…

1人だけで探すと正常な判断ができなくなる恐れがある

これまで仕事をしてきた方でも、仕事をするうえでの契約などについて十分知っている方は少ないのではないでしょうか。その状態で仕事を探していくと、思わぬ不利な条件で契約をしてしまったり、気を付けるべきこ…

社会保険のない企業がある

社会保険が暮らしに安心を

企業の求人情報で指す社会保険・労働保険は主に、健康保険と厚生年金保険を社会保険、雇用保険と労災保険を労働保険と表現します。健康保険で主に恩恵を受けているのは風邪や怪我などで病院を受診した場合、その費用の負担金の3割が自己負担、7割を健康保険が担ってくれるという事です。また、入院や出産などで一時的に働けない状況下でも給付金や保障が受けられるのです。 厚生年金保険は老後に保証が下りる『老齢年金』のイメージが強いと思いますが、その他にも病気や怪我で障害を負った方が受けられる『障害年金』、被保険者が亡くなってしまった場合に受けられる『遺族年金』などもあります。誰しもがリスクと隣り合わせで日々の生活を送っています。そのリスクに備えて社会保険に加入しておく事は必須と言えるでしょう。

社会保険未加入の理由

基本的には全ての企業が社会保険の加入を強制されていますが、なぜ稀に社会保険に加入していない企業があるのでしょうか。実は会社の従業員数における規模や業種によってはその限りではないのです。例えば、従業員数が4名以下である場合、農林水産業、理容・美容業、興行事業、旅館や料理屋さんなどの接客・娯楽事業、弁護士などの法務事業、神社やお寺などの宗教事業のように特定の規模や事業は社会保険加入を強制されていないのです。また、自分自身が社会保険加入条件を満たしていないという場合もあります。それは一週間の労働時間が正社員などの常時雇用者の労働時間の75%に満たない場合や、日雇い労働者である場合など、適応されない勤務形態の場合です。